読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Last-Ditch Battle 座右の銘は背水の陣

独断と偏見による書評など。

書評:うまくいきそうでいかない理由

010_書評 自己啓発



「10秒ワーク」という具体的な方法を提唱している。自己啓発系の本を読む人ならおなじみのキーワードも並ぶが(メタ認知、自己肯定感、言語化とか)、単なる用語の羅列・精神論ではなく、具体的な方法にまで落とし込んでいるので、マニュアルとして使える。

いつも繰り返している「うまくいかない前提」に向き合い、克服するために、次のような手法を取るとよいとのこと。

10秒ワークの内容を一言で表現するなら、「過去の自分に対して、現在の自分が、情報を教えるワーク」です。
「夜の自分が朝の自分に教える」は、もっとも基本のステップ1に当たる10秒ワークです。子どもでもすぐにできる、簡単なものです。  しかし、10秒ワークは、これに始まり、最後に辿り着くのもここ、というほどの深さがあります。ここを真剣にやれば、人によっては、この段階で、「前提」が変わるほど

# 本文中に、もっと具体的な方法が詳しく説明されている。

ダメ出ししていないで、自分を認めましょう、自己肯定しましょう、という主張はよくあるが、きちんと方法にまで落とし込んでいるのはポイント高いと感じた。

まだマスターできていないが、続けていけば、たしかに、未来の自分に見守られているような感じになりそう。

「10秒ワーク」以外に使えるなあと思ったのは、「その食欲は本物か?」という問いかけを行うことについての説明。たしかに、お腹すいてないのに、ストレスとか、なんとなくとかで、食べてしまうことはよくある。食べる前に一旦「その食欲本物?」と自分に問いかけるのは、シンプルながら、じわじわ効きそう。

人を選ぶとは思うが(暗示をかけるというか、イメージできるかどうか?)、具体的な方法論のひとつとして試してみるのもよいかも。結構おすすめ。